■長野・蓼科温泉「新湯ホテル」編

蓼科高原は八ヶ岳山麓にある風光明媚な景勝地。

標高1200~1600メートルの広大な高原で、通常、白樺(しらかば)湖南方から蓼科山南麓一帯を蓼科高原とよび、白樺湖北側を東蓼科高原とよんでいる。

白樺湖のほか女神(めがみ)湖や蓼科湖などの人造湖があり、草原やシラカンバ・ダケカンバの林、蓼科温泉郷、スキー場などの観光資源に富み、信州有数の観光地。

付近一帯はホテル、民宿、ペンションが点在し別荘地やゴルフ場に開発され、中央道諏訪インターチェンジの利便性も高く、一大リゾートエリアをなしている。

近世までは高冷地で火山灰土壌などのため原野であったのだが、昭和30年代から急速に観光開発が進み、ビーナスラインなどが通じ、JR中央本線茅野(ちの)駅、しなの鉄道小諸(こもろ)駅からバスの便があるとのこと。

今回初めて蓼科に行きましたが7月中旬で20度を切っていました。 涼しくて最高ですね。 見どころもたくさんで、ドライブも楽しい。 夏でも快適にとても楽しく過ごせます。 今回は山梨経由で行きましたが、平野部はやはり暑い! 蓼科の涼しさが良くわかりました。
4626_01[1]

SONY DSC

0ed962eab9c7b9e14d8076450e3e0960[1]
今回私たちは、蓼科温泉ホテル 親湯 を宿にすることにしました。

こちらが入口。
長野県蓼科散策 2014年9月15日

この三角屋根も宿泊棟です。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

建物の目の前には川が流れていて、水の音が常に聞こえるのが心地よい。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

こちらが上流側。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

屋根付きの橋を渡って宿泊棟から川の対岸に出られるようです。
ちなみに親湯は標高1350mのところにあります。

長野県蓼科散策 2014年9月15日
館内外の風景
22560bdbbc824-fcbe-4996-a1db-655ce3789c07_m[1]
gaikan[1]
重厚感のあるレストラン
pic_meal_81628_09[1]
土産物店も充実
pic_other_81628_03[1]
お部屋も豪華なベッドルーム
shinyu_c02[1]
待望のお風呂。
親湯の大浴場は何と畳敷き。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

お風呂場が畳だと実際に足を踏み入れてみるとものすごくしっくりくる。
歩いていて気持ちがいいというか、不思議な感じがしますね。
P10701801[1]

大浴場以外には貸切露天風呂があります。
ロビーの受付にて鍵を借りて入浴することができますよ。

階段を下りていくと。

pict-RIMG0533
壱の湯という看板が。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

すぐ隣に弐の湯、参の湯もある。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

中はどんな感じかというと?

長野県蓼科散策 2014年9月15日

湯船はそんなに大きくはないけど、その向こうの眺めが最高なのです。
温泉に入ると森が目の前にある。

長野県蓼科散策 2014年9月15日
pic_spa_81628_02[1]
夜中はライトアップされているので、キレイに演出がされている。

湯に浸かった後、ロビー前には本棚がズラリと並んでいて、自由に本を手にとって読むことができるようになっている。

長野県蓼科散策 2014年9月15日

窓際にはテーブルと椅子もあるので、湯上がりにコーヒー牛乳を飲みながら読書をするってのもいいかも。

pic_other_81628_01[1]

夕食は宴会場で。

色浴衣で身を包んだ女性陣



宴会の風景
pict-RIMG0481
pict-RIMG0477
pict-RIMG0480

料理はフレンチとイタリアンをミックスした感じの創作料理。
和食!と思い込んでいたわれわれには驚きの献立でした。

Dsc_0913_3
Dsc_0920_2

食事の時の飲み物は何にしようか?と考えていたら・・・・

係の方が「お料理に合わせた真澄(地酒)ペアリングがありますが、いかがですか?」と勧められた。

それが下の写真です。
真澄は好きな地酒なので、それをお願いした。
Dsc_0906

【お口はじめ】 秋鮭のハラス 軽快なマスタードソース・・・木の子のキッシュ添え
此方の料理には「真澄 純米大吟醸 山花」。

Dsc_0909
Dsc_0910
Dsc_0911

【前菜】 秋色のポタージュ 栗とスイートポテト・・・ ラビオリを浮かべて
ワインが飲みたくなったので、信州ワインのハーフボトルを・・・どんだけ飲むねん!という感じですね。(笑)

【魚料理】 秋刀魚の炙り焼き・・・タブナードをアクセントに

Dsc_0912
【特別料理】 オマール海老グリル・・・時季の野菜と濃厚なソース
Dsc_0915
魚料理には、「真澄 奥伝寒造り」が合わせてありました。

【お口直し】 季節のソルベ・

Dsc_0916
【肉料理】 蓼科牛のソテー 2種の楽しみ・・・シャリアピンソースとシーソルト
Dsc_0918
【ご飯物】 Resort Soup Curry 親湯風
Dsc_0922
【デザート】 栗とショコラのケーキ 巨峰のソルベ
Dsc_0924
どのお料理も とても美味しかった。


特に「蓼科牛のソテー」お肉も柔らかく旨みたっぷり、もう一皿食べたかった。

ご飯物のスープカレー、これには更に驚き。宿でスープカレーは初めて。

これが又、 絶品。

大満足のお料理の数々でした。そしてペアリングのお酒、各料理にとても良く合っていた。

翌朝も気持ちよく目覚めた。

朝食はレストランにて。

味噌汁の横の料理はハンバーグ。

朝からハンバーグとは珍しい・・・ところが あさっさりとした味でok!

ご飯は 野沢菜の炊き込みごはん これも美味!
Dsc_0982
リーズナブルで お料理にも大満足のお宿でした。
pict-RIMG0548

■蓼科温泉 親湯 ホテル&リゾート

住所:長野県茅野市北山蓼科高原4035
TEL:0266-67-2020
交通アクセス:中央道諏訪ICより車で30分、JR茅野駅よりバスで30分, 無料送迎定期便有り茅野駅東口発15時45分
駐車場有り:60台 無料
風呂[種類] 温泉 大浴場 露天風呂 貸切家族風呂 天然温泉
[泉質] 単純明礬泉
[効能] 神経炎・リュウマチ・胃腸病・皮膚病・美肌・不妊症・疲労回復・健康増進など。
美景の貸切り露天風呂:30分無料。
★日帰り温泉可能
■時間/11時から16時
■ご料金/
平日(ホームページを見た!で割引) 大人 1000円→800円、お子様 600円→400円
休前日、休日)大人 1000円、お子様 600円
貸切露天風呂/1ヶ所 30分 1500円
http://www.tateshina-shinyu.com/index.html

・・・・・・・・・・・

◎可愛い温泉レポーターと一緒に混浴・秘湯の旅に行きませんか?レポーターさんとの混浴も出来ちゃいます!

詳しくは、https://konyokuroten.com/

FavoriteLoadingお気に入りに追加
The following two tabs change content below.
全国各地の温泉を回ること30年。そのあいだ回った温泉は2000湯あまり。 秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」の会員でもあり「混活パスポート」認定者のマイケルです。 アマチュアながら写真歴も45年。当初は風景写真が中心だったのが、山岳写真、温泉写真と変わっていき、その後は女性の写真を撮るのがライフワークとなる。 最近はコスプレモデル倶楽部「アイキューブ」を立ち上げ、毎月定期的にコスプレ撮影会を開催。 その中から生まれた「温泉アイドル」たちが、デジタルコンテンツ「秘湯女子図鑑」にも出演し活躍中。 今後も温泉と女性をテーマに趣味を高じていく予定です。

ユーザー登録しよう

■長野・蓼科温泉「新湯ホテル」編” に対して1件のコメントがあります。

  1. T より:

    いま思えば、ビリヤードがある旅館て珍しい!
    相場は卓球ですが、おしゃれな旅館ですね☆

  2. ささ より:

    卓球楽しそう。今度仲間を誘ってみたいと思います。

  3. より:

    高級そうな料理ですね!行ってみたい!

  4. より:

    蓼科もイイですね。
    こちらの宿はかなりのランクの宿なのでしょうか?

  5. 高原といった雰囲気の、とても良さげな旅館ですね。
    青葉の季節や紅葉の季節は気持ちがいいだろうなぁ。そんな光景をバックに、綺麗な女性と混浴といきたいものです。

  6. yuyu より:

    料理がおしゃれだなあと思いました。楽しむところも多く、行ってみたい温泉です。

  7. Tsubasa より:

    高原からの眺めは雄大ですね!秋になったら紅葉が綺麗そうです!いいレポートありがとう

  8. やまと より:

    温泉といえば、、卓球!浴衣がはだけているのが綺麗ですな。

  9. rapper666 より:

    いつも楽しみにさせていただいてます。

  10. まさ より:

    まだまだ知らない温泉がいつも登場して、楽しみです!

  11. ごん太郎 より:

    貸切風呂からのロケ-ションがすばらしいですね。
    洋風料理なんですね。
    この前家族で卓球やって燃えちゃえました!

  12. yuyan より:

    卓球など遊べる施設もあっていいですね。

コメントを残す