■「日帰りレポ」全室天然温泉付き!日光のホテル「カジュアルユーロ」(出演:二葉メロ)

こんにちわ、秘湯女子図鑑、新人レポーターの二葉メロです。

先輩モデルの燐華ちゃんと一緒に日光温泉の体験レポートに付いていくことにしました。

栃木県日光市にある「ホテルカジュアルユーロ」は、名前のとおり、ヨーロッパ調のモダンなユースホテルです。

「全室露天温泉風呂付き(しかも源泉!)」なのですが、宿泊料金もリーズナブルなので「お得」感たっぷりです。

「ホテルカジュアルユーロ」は、次の方にオススメです

  •  栃木県日光で、お部屋に露天温泉風呂が付いているホテルに泊まりたい方
  •  宿泊料(2食付)の予算が1人あたり、1万円~1万5千円

今回のレポートは、「ホテルの中がどんな感じになっているか」、「部屋の雰囲気や、その他 露天風呂」などについて、ご紹介いたします。

11時半に日光に到着。チックインが13時でしたので、ちかくに湯葉料理の店が無いかと探していたところ「みるきーはうす」さんという食事処がありました。

色々な湯葉料理を堪能出来ちゃう ゆば御膳~!!

店内はテーブル席、お座敷がありました。
人数としては かなり入りそうな店内。

ご夫婦でやられてるのかな?
奥さんがお茶を持ってきてくれて口調も優しい感じの方でした。

私がオーダーしたもの

■日光ゆば御膳+日光セット付きで。
※日光セットとは日光舞茸の天ぷらとゆばのお刺身。

オーダーから10分チョイで運ばれてきたんですが、なかなかのボリュームでした。

お味噌汁の具にも湯葉、酢の物、田楽、佃煮、何もかもが湯葉づくし!ゆば御膳って名前だし当たり前か 笑

なかでも湯葉の含め煮が美味しかったです。
優しい出汁の味がしてもっと食べたいと思いました。
全体的に濃い味付けではなく良かったですよ☆

日光セットの舞茸天の揚げ具合も良く、舞茸の香りが最高でした。
ゆばのお刺身もトロッと溶ける様な感じ。
もっとガッツリ食べたい(^-^)

ホテルカジュアルユーロについて

日光自家源泉の宿 ホテルカジュアルユーロ

このホテルの売りは、何といっても「全客室露天風呂付き」のところです。

所在地:栃木県日光市所野1550-38
TEL:0288-53-0500
アクセス:電車で行く場合
1.東京駅から
東京駅から東北新幹線でJR宇都宮駅へ(約51分)。JR日光線に乗り換えてJR日光駅へ(約44分)。バスで約5分で、ホテルに到着です。

2.浅草駅から
浅草駅から特急スペーシアで106分。東武日光駅で下車。バスで約5分でホテルに到着です。

車で行く場合
東北自動車道宇都宮インターを下りて、日光から霧降高原方面へ10分で到着します。※冬季は道路が積雪、凍結していることがあるので、スタッドレスタイヤなどの冬タイヤが必要な場合があります。

チェックイン・アウト
チェックイン 午後3時から
チェックアウト 午前10時 です。

駐車場
無料駐車場です。客室数(47部屋)以上に停車できるスペースがあります。

1階「ロビー、売店、インターネット、喫煙所」

ロビー

建物は新しくはありませんが、こざっぱりしたモダンなホテルです。やわらかい照明で落ち着いた雰囲気のロビーの様子です。

なぜが、いすゞの117クーペ(ISUZU 117COUPE)が停まっていました。昔の国産車はかっこいいですね。

落ち着いたモダンな造り

ホテルはエレベーターが付いていますが、素敵なラセン階段があったので、上り下りしました。

日帰りショートスティでは、メゾネットタイプ以外の部屋と、「カジュアルユーロ」の部屋の両方選べ、どちらにも露天ありですが、部屋は平面1室、露天はベランダに備え付けで、ちょっと狭そうだったので…、やっぱりこちらのメゾネットタイプの部屋にすることにしました。

ちなみに別邸メゾネットタイプの部屋は、13時~18時まで借りられ、2人で10,000円とのことです。

湯巡りをしないで1か所でゆっくりしたいので、滞在5時間はできるのはアリガタイですね…。

■ここからメロちゃんの体当たり㊙温泉レポート!

▶ 無料サンプル公開中
▶ 月額100円ロリポップ!

ちなみに、温泉の成分は、ph8.6単純アルカリ泉、無色透明無味無臭です。

効能は、疲労回復、筋肉痛の緩和、美肌効果など。なめらかな温泉で、お肌がすべすべになりました。

日帰り温泉用のお風呂も利用OK

日帰り温泉「ほの香」

宿泊者は、日帰り温泉客用の温泉「ほの香」も利用することが出来ます。露天と内湯があります。

貸切露天風呂「星空の湯」(有料)もあります

貸切露天風呂もあります。利用時間は午後1時~午後10時まで。

宿泊者は、2名で利用する場合は45分 2,400円です。

ホテルカジュアルユーロを利用した感想

コロナのお蔭で、偶然にもメゾネットの部屋を予約ができたホテルカジュアルユーロ。大変満足いたしました。

館内は、冷房が効いていたので羽織るものを持っていかれると良いでしょう。

なお、隣の客室の音が、少し気になりました。会話は聞こえませんでしたが、ちょっと壁が薄いかな?という印象です。

しかしながら、客室に天然温泉のお風呂が付いているのは温泉好きにはたまらなかったですね!

着替えを持ってお風呂まで歩いて行って、ロッカーに荷物を入れてという面倒くささがありませんし、何度も何度も温泉に入りたい方にぴったりかと思います。

・・・・・・・・・・・

◆「なちゅらる・秘湯女子の会」温泉アイドルと一緒に秘湯ツアーに行きませんか?燐華ちゃんと混浴もできますよ💛
https://konyokuroten.com/

◆「温泉モデル・オンライン」では、秘湯女子図鑑に出演の温泉モデルさんと2Shotトークや、オンライン混浴が楽しめます💛
https://chat.konyokuroten.com/

◆温泉復興のために、ひと肌脱ぎます!「東京テルマエ学園」R-18バージョンも読んでね♪
https://tokyo-terumae.com/

◆動画配信サービス「秘湯女子図鑑」を見たい方はこちらまで!
https://onsen-photo.com/

 

 

The following two tabs change content below.
全国各地の温泉を回ること30年。そのあいだ回った温泉は2000湯あまり。 秘湯・露天風呂愛好会「なちゅらる」の会員でもあり「混活パスポート」認定者のマイケルです。 アマチュアながら写真歴も45年。当初は風景写真が中心だったのが、山岳写真、温泉写真と変わっていき、その後は女性の写真を撮るのがライフワークとなる。 最近はコスプレモデル倶楽部「アイキューブ」を立ち上げ、毎月定期的にコスプレ撮影会を開催。 その中から生まれた「温泉アイドル」たちが、デジタルコンテンツ「秘湯女子図鑑」にも出演し活躍中。 今後も温泉と女性をテーマに趣味を高じていく予定です。

ユーザー登録しよう

■「日帰りレポ」全室天然温泉付き!日光のホテル「カジュアルユーロ」(出演:二葉メロ)” に対して71件のコメントがあります。

  1. yuyan より:

    新人さんかわいいですね!これからも頑張ってください!

  2. hiro より:

    可愛らしい新人さんですね。
    これからのレポート楽しみにしてます(^^)

  3. Mikusi より:

    新人さん!!スラッとしててお綺麗です!期待してます!

  4. かわいいですね!
    一緒に温泉入りたいです!

  5. panda@panda より:

    良い雰囲気。そろそろ温泉、行きたいなぁ、、、

  6. 510- より:

    初レポでもカメラを意識してしっかりしてますね。
    次回は先輩と一緒にレポートしてみてください。

  7. より:

    今度の新人さんも美人ですばらしい!!

  8. より:

    これからの更新も楽しみです!!!

  9. より:

    すごいスタイルよくてキレイな方ですね

  10. やまと より:

    一緒にお風呂に入って、お遊びしたいですね。
    温泉、気持ち良さそ!

  11. 筒井泉 より:

    すごいスタイルが良いですね。
    一度行って見たいですね。
    料理も美味しそうですね。

  12. ハムハ より:

    新しいモデルさんですね。
    次回も期待しています!

  13. ハムハ より:

    部屋に露天風呂があり
    いつでも入れるのが良いですね!

    また利用したいです。

  14. 遠藤達也 より:

    新しいモデルさんですね!
    凄く可愛い!

  15. 佐々木希 より:

    素敵な場所ですね!
    ぜひ、今度、行ってみたいです!

  16. 筒井泉 より:

    湯葉料理が美味しそうですね~
    一度行って見たいですね❗

  17. 筒井泉 より:

    アブの襲撃にあった見たいですね。
    大丈夫でしたか。

  18. ユウキ より:

    ヨーロピアン調のホテルに和食も食べれて、まさに和洋折衷でいい感じですね♪
    全室露天風呂温泉付きなのも、最高ですね☆

  19. ささ より:

    おもしろい館ですね
    是非行ってみたい

  20. 田中太郎 より:

    新しいモデルさんかわいいですね!

  21. slavemaster より:

    モデルさん可愛いですね。
    温泉といえば和のイメージですが、和洋折衷もいいものですね。

コメントを残す